お電話でのお問い合わせ 03-6234-1662 受付時間(平日)9:30-18:00
メールでのお問い合わせ

NTTデータ ビズインテグラル、IFRS対応財務会計パッケージ 「Biz∫会計」を発表

Press Release

報道関係各位

2010月10月27日
株式会社NTTデータビズインテグラル

NTTデータ ビズインテグラル、IFRS対応財務会計パッケージ
「Biz∫会計」を発表
~クラウド利用によるグループ経営効率化も可能~

株式会社NTTデータ ビズインテグラル(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下 NTTデータ ビズインテグラル)は、IFRS(国際財務報告基準)対応財務会計パッケージ「Biz∫(ビズインテグラル)会計(一般会計)」を2010年10月29日に発表します。

Biz∫会計は、多様化するビジネス要求・システム要求に応えるために、国内約1,000社の導入実績を持つ「SCAW(スコー)財務管理システム※1」で培った日本の商習慣、業務ノウハウを、Biz∫APF※2上に実装・強化した製品です。Biz∫APFがクラウド環境、マルチテナント、および多言語に対応しているため、Biz∫会計はプライベート・クラウドでのシステム展開や、シェアードサービスでの運用が可能であり、グループ経営における子会社、海外子会社等の経営効率化に非常に効果を発揮します。

また、Biz∫会計は最新のERPパッケージであるメリットを活かし、総勘定元帳の複数元帳対応、固定資産の複数帳簿対応、企業内部での経営判断や内部管理を行うセグメント単位での財務諸表を出力可能な構造を持つため、複数会計基準での情報開示や、IFRSに準拠した決算業務の効率を向上させます。

更に、Biz∫会計のシステム基盤は業務ロジックの変更に柔軟に対応可能なため、IFRS対応だけでなく、IFRS対応後の会計基準の変更や、日々の業務改善に伴うシステムの変更が容易です。

今後は、今回発表する「一般会計」モジュールを始めとし、2011年3月に「債権管理」「債務管理」「固定資産」「管理会計」等の各モジュールをリリース予定です(別紙 図①)。また、Biz∫会計は企業グループの総勘定元帳を統合化する「Biz∫G元帳※3」、グループ全体の連結会計を行う「Biz∫連結※4」と共に「連結クラウド※5」を構成し、企業のIFRSへの早期対応とグループ経営の見える化を実現していきます。

尚、今回発表するバージョンは、本来の機能と差異はありませんが、ワークフロー対応ではない為、RC(Release Candidate)版としての発表となります。ワークフロー対応版は2011年3月にリリース予定です。

  • 1SCAW財務管理システム:株式会社NTTデータが1993年に発売開始した「SCAWシリーズ」の会計業務分野をカバーするパッケージアプリケーション。現在は「Biz∫SCAW 財務管理システム」と名称を変更。
  • 2Biz∫APF:株式会社NTTデータ ビズインテグラルが2010年7月に発売開始した、クラウド対応型業務アプリケーションの開発・実行基盤。
  • 3,4「Biz∫G元帳」「Biz∫連結」:それぞれ株式会社ディーバの製品「DivaSystem GEXSUS」「DivaSystem 9」のOEM製品です。
  • 5連結クラウド:株式会社NTTデータ ビズインテグラルが2010年9月に発表した、IFRS対応クラウド型連結会計ソリューションです。
◆複数の会計基準に対応するBiz∫会計(一般会計)の構造上の特長
  1. 総勘定元帳の複数元帳対応(別紙 図②)
    総勘定元帳を複数保持することが可能なため、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値を同時に管理し、帳票出力することが可能です。
  2. マネジメント・アプローチによるデータの統合管理
    企業内部での経営判断や内部管理を行う様々なセグメント単位で、財務諸表・その他の会計情報を出力できる構造となっており、グループ決算業務や開示業務、監査業務の効率化が可能です。
◆IFRS対応を支えるBiz∫会計(一般会計)の主な機能上の特長
  1. セグメント情報管理
    様々なセグメント単位で財務諸表・その他の会計情報を出力することが可能です。 (例:事業単位、地域単位、存続/廃止の意思決定単位、サービス単位 など)
  2. 外貨管理
    取引日レートでの機能通貨への換算、および為替の評価替えが可能です。
  3. 遡及修正
    遡及修正として特別会計伝票を投入できます。
    遡及修正データと通常伝票を区別して管理することで、修正前後の財務諸表を柔軟に出力可能です。
  • 提供開始予定日
    2010年10月29日
  • 価格
    Biz∫会計(一般会計):150万円~
    ※必要とするアプリケーションモジュール群と利用ユーザー数の組み合わせによる。
  • 稼働環境
<サーバ環境>
OS Microsoft Windows Server2003 R2
Microsoft Windows Server2008
Red Hat Enterprise Linux5
DB Oracle Database 11g
必要なソフトウェア Biz∫intra-mart 7.2
<クライアント環境>
OS Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows Vista
対応ブラウザ Internet Explorer 7.0

図① Biz∫会計の業務体系

※図中の機能は、予告なく変更する場合がございます。

図② 総勘定元帳の複数元帳対応

※図中の機能は、予告なく変更する場合がございます。

Biz∫会計の詳細はこちらへ

以上


株式会社NTTデータ ビズインテグラル

株式会社NTTデータ ビズインテグラルは、SOA、BPM、SaaS/クラウドコンピューティングをキーワードとした、次世代ERPパッケージ「Biz∫」シリーズのアプリケーション開発と販売のため、株式会社NTTデータが中心となり2009年5月に設立した会社です。自社開発のアプリケーションのみならず国内外の有力なソフトウエアベンダーと連携し、「Best of Breed(その分野で一番優れているもの)」なアプリケーション群と、導入コンサルティング、システム構築、活用に至るまでのトータルソリューションを全国のパートナー会社と共に提供します。

代表者 代表取締役社長 中山 義人
設立年月 2009年5月
資本金 4億5,000万円
会社所在地 東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング5階
注) 「Biz∫R」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
注) その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
注) 今回リリースするBiz∫会計の機能の一部は、ワークフロー版提供開始までに予告なく変更する場合があります。
お問い合わせ・資料請求アイコン1
お問い合わせ・資料請求アイコン2
お問い合わせ・資料請求アイコン3
お問い合わせ・資料請求アイコン4


ページトップへ戻る

Copyright NTT DATA & NTT DATA BIZINTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.