令和4年1月1日から予定されていた改正電帳法における電子取引の電子保存義務化は2年間猶予となったものの、
引き続き企業が対応しなければならない課題となっています。

また電帳法対応の後に続くPeppolやインボイス制度への対応に不安を抱える企業も多く
いらっしゃると思いますが、本Webinarでは電帳法対応にとどまらず、Peppol対応や
インボイス制度といった将来見据えた法対応経理DXを両立する経理業務基盤をご紹介いたします。

開催内容

講演タイトル:
将来を見据えた請求書支払いプロセスの業務基盤「Esker」のご紹介
講演者:
富士フイルム ビジネスイノベーション 株式会社
講演内容:
電子保管だけでなくプロセスも含めた業務効率化/ペーパーレス化や
改正電帳法後の経理領域のイベント(Peppolやインボイス制度)の
対応についてご紹介いたします。
講演タイトル:
DXを支えるデジタルプラットフォーム「Biz∫」のご紹介
講演者:
株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
講演内容:
最初に、DXを支えるデジタルプラットフォームとして会計システム
「Biz∫(ビズインテグラル)」、次にBiz∫×Eskerの連携概要、
そして最後に電子帳簿保存法への対応についてご紹介いたします。
講演タイトル:
Esker×Biz∫×BPO活用により経理業務基盤をトータルコーディネート
講演者:
さくら情報システム株式会社
講演内容:
当社の導入実績に基づいたパッケージ導入の際に抑えておくべきポイントと、
BPOを活用した経理業務効率化の事例をご紹介いたします。