Biz∫(ビズインテグラル)をベースにキーウェアソリューションズ株式会社の「プロジェクト採算管理テンプレート」と日本ノーベル株式会社の「EPCUS® (エピカス)」を統合し、より役務購買の要件を満たすことができる業務特化型テンプレートです。
本テンプレートの導入により、プロジェクトの収益性の向上を図ると同時に役務購買業務のオンライン化を推し進め、ニューノーマル時代の新たな働き方の実現を支援します。

プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫

特長

1.オンラインでパートナー事業者との役務購買取引を完結

  • 外注依頼から仕入計上までのフローをオンライン上で承認、進捗管理可能
  • 見積差異の明確化、一括発注・一括計上が可能
  • 発注情報と連動した外注要員マスタの連携の実現
  • 紙請求書を基幹システムへ自動登録 (AI-OCR⇒RPA) ※一部オプション請求書照合機能の実装

2.法改正に対応した契約管理・勤怠管理

  • 「契約形態」により入力項目を制御可能
  • 法令で定められている各種帳票出力に対応 (派遣個別契約書、派遣通知書等)
  • 派遣要員の契約管理機能の実装
  • 派遣要員の勤怠管理機能の実装 (派遣会社ごとの36協定との連動によるアラート)

3.プロジェクト採算管理

  • プロジェクト採算情報を取り込み、ローカルでプロジェクト計画のシミュレーションが可能
  • 工事進行基準プロジェクトの場合、売上計画の自動計算が可能
  • 部門やプロジェクト、社員個別等の切り口で要員管理可能 (空き工数把握、勤怠予実把握等)
  • グループ全社、部門、プロジェクトの損益を必要な切り口での照会を実現
  • 部門、プロジェクト毎の受注残高の把握が可能
  • グループ全社、部門毎の採算が予算、見通しの比較で把握可能

システム全体構成図

システム全体構成図

資料・お問い合わせはこちら