スピード・グループ経営時代に適した
IFRS対応財務会計パッケージ

Biz∫会計はフロント業務から、個社会計、グループ連結、財部分析まで一気通貫でカバーする、グループ経営ソリューションです。

日本の商習慣にフィットするきめ細かい機能群、および法制度への迅速な対応はもとより、IFRS適用、また、グローバルでの導入実績をもって、迅速な対応はもとより、お客様のグループ経営の高度化に寄与します。

製品特徴について

グループ経営プラットフォームとしての適性

Biz∫会計は、グループ共通システム、シェアードサービス形態での利用を想定し、同一環境をグループで共同利用することが可能です。また、グループ共通のマスタ配信、また、グループ間取引の相殺を可能としており、企業グループ全体の効率的、かつ高品質の業務運用が可能です。

グループ経営プラットフォームとしての適性

複数会計基準への対応

IFRS適用に伴い、日本基準の会計情報だけでなく、IFRS基準準拠の会計情報も開示する必要があります。
Biz∫会計では、複数基準の総勘定元帳を保有しており、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値それぞれの同時管理・レポート生成を実現しています。

複数会計基準への対応

自由なコード設定によるセグメント管理

事業単位、地域単位、取引先、製品カテゴリ、サービスなど、経営判断や内部管理を必要とする任意の単位で損益管理、残高管理を実現するために、仕訳伝票の借方/貸方それぞれに「分析フィールド」を設けています。

自由なコード設定によるセグメント管理

仮仕訳伝票による見込み管理

取引が確定していないものの、今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することができ、確定前の数値を用いた財務諸表の着地見込の可視化を実現しています。

仮仕訳伝票による見込み管理

仕訳データ取込モジュールの標準提供

会計システムと生産・販売・物流・人事といった他システムとの連携がなく、取引データの二重投入・加工を必要とし、決算の早期化が阻害されているケースがあります。Biz∫会計では、データ属性のチェック、データ変換、フォーマット変換を行う「会計連携」を提供可能としており、基幹業務システムからのシームレスなデータ連携を実現します。
※マスタ情報、フロー制御、重複削除や演算を伴うデータ連携にはオプションのBiz∫Asteriaをご利用下さい。

仕訳データ取込モジュールの標準提供

資料・お問い合わせはこちら

モジュールについて

  • 一般会計・共通機能の特長
    • 正確かつスピーディーな意思決定を実現するワークフロー
    • 一般会計における仮払い等の残高管理
    • 見たい伝票をスピーディーに絞り込む、多様な検索キー
    • テンプレート・パターン登録による伝票の再利用
    • コードの初期表示、チェック機能の自動化
    • 試算表から元帳への容易なドリルダウン
    • 任意の組織グループ単位の帳票出力
    • 直接法、間接法対応のキャッシュフロー計算書
  • 債権管理・債務管理の特長
    • 明細単位の消込による精緻な残高管理
    • 多彩な自動消込手段による、入金消込業務の効率化
    • 取引に応じた請求書発行のコントロール
    • 相殺機能による、支払・入金業務の効率化
    • 多彩な支払手段への対応
    • 振込用FBデータの自動生成
    • 源泉税に係る支払調書作成の省力化
  • 管理会計の特長
    • バージョニング可能な予実績管理
    • 着地見込み管理が可能な推移試算表
    • 多段階での間接費配賦
  • 資産管理の特長
    • 複数会計基準での償却計算が可能、最大7つの台帳管理に対応
    • 固定資産やリース資産、少額資産などの保有資産を一元管理
    • Biz∫会計の一般会計、債権債務管理モジュールへ自動連携
  • 契約管理・リース管理の特長
    • リース会計基準に準拠した決算処理を実現
    • 実務に即した取引への対応
    • 定期支払、定期請求を伴う取引を管理
  • 資金管理の特長
    • 自社口座間の資金移動管理
    • 振込データ作成と仕訳の自動連携
    • 日別/口座別資金繰り予定の一元管理
  • 外貨管理の特長
    • 科目/取引先単位の外貨評価替え実行と仕訳の自動生成
    • 仮実行による外貨評価替えシミュレーション
    • 外貨評価替え結果を確認する為のアウトプット
  • 手形管理の特長
    • 受取手形の様々な顛末管理を実現
    • 支払手形の経済分割/取引先からの手形分割要求に対応
    • 手形の状態変更による自動仕訳連携
    • 手形の台帳管理/期日管理
    • 手形発行機との連携による手形発行業務の省力化
    • 全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)との連携
  • グループ立替請求管理の特長
    • 照合キーの紐付けによるグループ間取引照合の簡略化
    • グループ間取引照合の漏れ防止
    • 違算の防止(消費税の考え方の差異防止)
    • 債務登録の効率化、取引内容の整合性担保

資料・お問い合わせはこちら