EAI/ESB国内シェアNo.1のデータ連携ツール「Asteria Warp」

ノーコードでデータ連携を自動化

Biz∫ASTERIAは、アイコンのドラッグ&ドロップとプロパティの設定で作成するフローによって既存のデータベース、ファイルシステム、各種業務システム、各種クラウドサービスと簡単に接続、連携することのできる国内シェアNo.1のデータ連携ミドルウェアASTERIA Warpがベースとなったデータ連携ツールです。

※テクノ・システム・リサーチ「2021年 ソフトウェアマーケティング 総覧 EAI/ESB市場編」(数量ベース)

製品の特長

システム、データ連携を円滑かつ早期に実現する、高機能EAIツール

国内企業のグローバル化が急速に進む昨今、企業の競争力向上を目的とした、経営統合やグループ経営の強化が加速しています。その際の課題として、情報システムの統合、連携を迅速かつ安価に最適化することが挙げられます。
「Biz∫ASTERIA」は、このような各企業内における多種多様な情報システム、遠隔地やデータセンターなどに点在する各種業務システムやデータ類を有機的に統合、連携させ、情報導線を円滑かつ早期に構築することを実現するためのEAIツールです。

1:EAI/ESB国内導入実績No.1データ連携ツール

2021年EAI/ESB市場シェア(15年連続No.1!)

15年連続シェアNo.1※で9,500社以上の導入実績があるASTERIA Warpは、様々な業種・業務でのベストプラクティスをノウハウとして持っています。豊富な導入事例や技術情報とあわせて、ご検討ください。

※テクノ・システム・リサーチ「2021年 ソフトウェアマーケティング 総覧 EAI/ESB市場編」(数量ベース)

2:「ノーコード」高速開発で構築期間を短縮

Biz∫ASTERIA はソフトウェア開発者だけではなく、通常業務に携わっているお客様にも使うことのできるノーコード環境です。通常の開発で行う設計と同様のフローを作成することで実際に動作可能な処理が出来上がるノーコード環境は、構築期間を大幅に短縮することが可能です。

「ノーコード」高速開発で構築期間を短縮

3:日々の業務の「自動化」で業務効率を向上

Biz∫ASTERIAは日々行なっている業務を自動化します。様々な日々の業務を自動化することで作業コストの削減だけでなく、必ず発生する人為的なミスの低減にも貢献します。

4:再利用可能な「サブフロー」と豊富な「アダプター」で拡張性も抜群

次々と発生するシステム連携に関する要望にも迅速に対応する事が可能です。
作成した処理フローはサブフローとして再利用することができますので、使いこなすほどに対応もスピーディーになっていきます。
標準で豊富に用意されているアダプターは、当初の要件として挙がっていなかった連携先についても多くの場合、対応できます。

利用用途

データ連携ツール「Asteria」の利用用途

様々な連携を実現するオプション機能

データ連携ツール「Asteria」の豊富なオプション機能

上記以外にも様々な接続先がございます。また、「アダプター開発プログラム」への参画企業により、新しいアダプターも続々開発中です。

導入事例

連携基盤およびデータ移行 等

事例:ライオン様、住友林業様 等

連携基盤およびデータ移行

各種マスターデータの連携

事例:テレビ東京様、トレーダーズ証券様 等

各種マスターデータの連携

BIツール導入時のデータ収集

事例:イオンイーハート様、大日本印刷様 等

BIツール導入時のデータ収集

Excel・メール業務の自動化

事例:マックス様、双日食料様 等

Excel・メール業務の自動化

Biz∫製品との連携イメージ

Biz∫ASTERIAを利用することにより、Biz∫会計、販売を中心とした各種Biz∫シリーズとの連携基盤としての利用だけでなく、お客様の既存システム、データベース、ファイルフォーマット、クラウドサービスなどシームレスな連携が可能になります。

Biz∫製品との連携イメージ

資料・お問い合わせはこちら