お電話でのお問い合わせ 03-6234-1662 受付時間(平日)9:30-18:00
メールでのお問い合わせ

NTTデータ ビズインテグラル、「Biz∫BI」(Ver3.0 SP2)を提供開始

Press Release

報道関係各位

2010月4月27
株式会社NTTデータ ビズインテグラル

NTTデータ ビズインテグラル、「Biz∫BI」(Ver3.0 SP2)を提供開始
~集計パフォーマンスとチャートの操作性が向上、より直感的な経営判断が可能に~

株式会社NTTデータ ビズインテグラル(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下 NTTデータ ビズインテグラル)は、的確な経営判断や業務の生産性を高めるために、企業システムに蓄積されるデータを収集・可視化し、全社的なデータ活用を実現する「Biz∫BI」(Ver3.0 SP1)の機能強化バージョン「Biz∫BI」(Ver3.0 SP2)を2010年4月末日に提供開始します。本製品へのアップグレードは、保守締結ユーザの場合無償です。

「Biz∫BI」は業務現場から経営層まで全社でのデータ活用を実現する多次元高速集計レポーティングツールです。使い慣れたExcelやWebブラウザで、誰もが必要なときに必要なデータを自在に集計・分析することができます。簡単なマウス操作のみでダイナミックなチャート付のレポートを作成できるほか、チャート上での操作(ドリルダウン等)により直感的なデータ分析を行うことができます。チャートを活用してデータを可視化することができるため、数字だけでは気がつかなかったデータの変化を直感的につかみ、その情報を論理的に分析することができます。

「Biz∫BI」(Ver3.0 SP2)は、チャートを使用したデータの絞込み・比較・抽出の機能強化をはじめとした、以下の機能強化を行いました。

<サーバー側>
  • 集計パフォーマンスの向上
    クロスマップ集計の機能改善およびチャート対応
    (※クロスマップ集計は、Biz∫BIエキスパートの機能です。)
  • システム管理機能の追加(サービスロック時間の設定、DBサーバー接続先の切替設定など)
<クライアント側>
  • チャート上でのデータの絞り込み、比較、抽出機能の強化 <図参照>
  • チャート操作機能の向上
    • ダイナミックアイコンの追加
      チャート種類の変更やラベル表示等をワンクリックで直感的に実行できるアイコンを追加
    • ツールメニューの追加
      チャート操作(チャートの分割、軸の最大値、最小値設定、線種の変更、操作の取り消し等)を動的に行うためのツールメニューの追加
    • 集計条件の保存とナレッジ共有機能
      チャート操作の状態を保存し、次のレポート参照時にチャートをその状態で表示させる機能や、保存した状態をナレッジとして他のメンバーに共有する機能の追加
    • チャート種類の追加
      100%積み上げ縦棒、100%積み上げ横棒、積み上げエリア、100%積み上げエリアを追加
    • チャート描画速度の向上と取り扱いデータ規模の拡大
  • (製品の機能補足)
  • Biz∫BI:Webブラウザ上でのデータ集計分析
  • Biz∫BIエキスパート:Webブラウザ上およびExcelインターフェースによるデータ集計分析、クロスマップ集計(近日発売予定)

<チャート上でのデータの絞り込み、比較、抽出機能みの画面遷移イメージ図>
チャート上でマウスをドラックして範囲指定した対象のデータのみが絞り込まれ、データが表示される。

  • 価格
    従来通りで変更はありません。
  • 稼働環境
<DBサーバー>
OS Windows Server 2003 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64
Windows Server 2003 R2 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64
Windows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64(Server Coreを除く)
CPU 64bit CPU(Itaniumを除く) 2GHz以上
メモリ 8GB以上を推奨
HDD 130MB以上(実行モジュール格納領域)+データベースファイル領域(※)
(※CSV換算の入力データファイル容量に対し、4~8倍以上の領域が必要です)
Java JDK 5.0(Update 12以上)、 JDK 6.0(Update 3以上)
.Net Microsoft .NET Framework 2.0 ~ 3.0
ネットワークプロトコル TCP/IP
<Reportサーバー>
OS Windows Server 2003 Standard、Enterprise、Datacenter Edition
Windows Server 2003 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64
Windows Server 2003 R2 Standard、Enterprise、Datacenter Edition
Windows Server 2003 R2 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64
Windows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenter Edition (Server Coreを除く)
Windows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64 (Server Coreを除く)
Windows Server 2008 R2 Standard、Enterprise、Datacenter Edition x64 (Server Coreを除く)
CPU 32bit環境:Pentium4 1GHz以上
64bit環境:Intel Xeon(EM64T) 1.6GHz以上
メモリ 32bit環境:最小512MB(PDFOption利用時1GB)、2GB以上を推奨
64bit環境:最小2GB(PDFOption利用時3GB)、4GB以上を推奨
HDD 200MB以上 (クライアント、キャッシュデータなどで使用されるサイズは除く)
ネットワークプロトコル TCP/IP
必要なソフトウエア Biz∫intra-mart または intra-mart ver.7.1
Adobe AIR 1.5.2
対応ブラウザ Internet Explorer 6.0、7.0、8.0(32bit)
Mozilla Firefox 3.5(32bit)
Java JDK 6.0 (Update 4以上)
外部連携対応DB
(JDBC経由)
Oracle database(9i、10g、10gR2、11g)
Microsoft SQL Server(2000、2005、2008)
IBM DB2(8.1 、8.2、9.5)
PostgreSQL(8.2)
<クライアント>
OS Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimate(32bit/64bit)日本語
Windows Vista Business、Enterprise、Ultimate(32bit)日本語
Windows XP Professional(32bit)日本語
CPU Pentium III 1GHz以上
メモリ 512MB以上を推奨
※OSが動作する最小メモリサイズ+256MB以上
対応ブラウザ Internet Explorer 6.0、7.0、8.0(32bit)※1
Mozilla Firefox 3.5(32bit)
必要なソフトウエア Microsoft Office Excel 2003、2007(Excel出力時)
Adobe Reader 8.0、9.0(PDF出力時)
Adobe Flash Player 10.0.12以降(チャート利用時)

以上


株式会社NTTデータ ビズインテグラル

SOA、BPM、SaaSをキーワードに次世代ビジネスプラットフォームである「Biz∫」シリーズのアプリケーション開発とノウハウの集約を推進するために(株)NTTデータが中心となり2009年5月に設立。

自社開発のアプリケーションはもとより、「Biz∫」を推進するための教育・コンサルティングサービスも提供。国内外の有力なソフトウェアベンダーとのパートナーシップにより、それらの総力を「Biz∫」に結集させ、「Best-of-Breedソリューション」をお客様に提供し、業務の変革の実現に向けて取り組んでいます。

代表者 代表取締役社長 中山 義人
設立年月 2009年5月
資本金 4億5,000万円
会社所在地 東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング5階
注) 「Biz∫R」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
注) その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ・資料請求アイコン1
お問い合わせ・資料請求アイコン2
お問い合わせ・資料請求アイコン3
お問い合わせ・資料請求アイコン4


ページトップへ戻る

Copyright NTT DATA & NTT DATA BIZINTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.