お電話でのお問い合わせ 03-6234-1662 受付時間(平日)9:30-18:00
メールでのお問い合わせ

スピード・グループ経営時代に適したIFRS対応財務会計パッケージ

Biz∫シリーズの財務会計ソリューション

このエントリーをはてなブックマークに追加

財務会計 管理会計

Biz∫会計は、最新のビジネス要求・システム要求に応えるために、SCAW財務管理で培った業務ノウハウをSOA・クラウド対応の先進のアーキテクチャで実装・強化した、スピード経営・グループ経営の時代にふさわしい会計パッケージです。

IFRSに準拠した情報開示・決算業務に対応しているほか、クラウドでのグループ展開や、シェアードサービスでの運用を可能としており、グループ経営の高度化・効率化に効果を発揮します。

Biz∫会計の特長

複数会計基準への対応

IFRS適用に伴い、日本基準の会計情報だけでなく、IFRS基準準拠の会計情報も開示する必要があります。
Biz∫会計では、複数基準の総勘定元帳を保有しており、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値それぞれの同時管理・レポート生成を実現しています。

自由なコード設定によるセグメント管理

事業単位、地域単位、取引先、製品カテゴリ、サービスなど、経営判断や内部管理を必要とする任意の単位で損益管理、残高管理を実現するために、仕訳伝票の借方/貸方それぞれに「分析フィールド」を設けています。

仮仕訳伝票による見込み管理

取引が確定していないものの、今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することができ、確定前の数値を用いた財務諸表の着地見込の可視化を実現しています。

仕訳データ取込モジュールの標準提供

会計システムと生産・販売・物流・人事といった他システムとの連携がなく、取引データの二重投入・加工を必要とし、決算の早期化が阻害されているケースがあります。Biz∫会計では、データ属性のチェック、データ変換、フォーマット変換を行う「会計連携」を提供可能としており、基幹業務システムからのシームレスなデータ連携を実現します。
※マスタ情報、フロー制御、重複削除や演算を伴うデータ連携にはオプションのBiz∫Asteriaをご利用下さい。

グループ経営プラットフォームとしての適性

グループ経営効率化の実現形態のひとつである、グループ共通システムの展開を想定し、Biz∫会計は同一環境のマルチテナントでの共同利用を可能です。またシェアードサービスセンターでの運用を想定し、再ログイン不要での会社切替ときめ細かい権限制御を実現しています。

各モジュールの特長

一般会計・共通機能の特長

  • 正確かつスピーディーな意思決定を実現するワークフロー
  • 一般会計における仮払い等の残高管理
  • 見たい伝票をスピーディーに絞り込む、多様な検索キー
  • テンプレート・パターン登録による伝票の再利用
  • コードの初期表示、チェック機能の自動化
  • 試算表から元帳への容易なドリルダウン
  • 任意の組織グループ単位の帳票出力
  • 直接法、間接法対応のキャッシュフロー計算書

債権管理・債務管理の特長

  • 明細単位の消込による精緻な残高管理
  • 多彩な自動消込手段による、入金消込業務の効率化
  • 取引に応じた請求書発行のコントロール
  • 相殺機能による、支払・入金業務の効率化
  • 多彩な支払手段への対応
  • 振込用FBデータの自動生成
  • 源泉税に係る支払調書作成の省力化

    管理会計の特長

  • バージョニング可能な予実績管理
  • 着地見込み管理が可能な推移試算表
  • 多段階での間接費配賦

    資産管理の特長

  • 複数会計基準での償却計算が可能、最大7つの台帳管理に対応
  • 固定資産やリース資産、少額資産などの保有資産を一元管理
  • Biz∫会計の一般会計、債権債務管理モジュールへ自動連携

    契約管理・リース管理の特長

  • リース会計基準に準拠した決算処理を実現
  • 実務に即した取引への対応
  • 定期支払、定期請求を伴う取引を管理

【関連製品】
Biz∫連結
Biz∫ASTERIA
お問い合わせ・資料請求アイコン1
お問い合わせ・資料請求アイコン2
お問い合わせ・資料請求アイコン3
お問い合わせ・資料請求アイコン4


ページトップへ戻る

Copyright NTT DATA & NTT DATA BIZINTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.