お電話でのお問い合わせ 03-6234-1662 受付時間(平日)9:30-18:00
メールでのお問い合わせ

株式会社トーエネック 様 導入事例
~中部発!全国のエネルギーインフラを支える資産管理を一元化
  Biz∫会計 資産管理システムで保守リソースを従来比1/3へ~

株式会トーエネック 様 株式会トーエネック 様 導入事例ダウンロード

Biz∫を導入・活用していただいているお客様の事例をご紹介いたします。

電力供給設備工事

株式会社トーエネック様は、中部電力グループの総合設備企業として、電気設備、電力設備、空調衛生設備、情報通信設備などの設計から、施工、保守までを一貫して手掛けられています。 「虎ノ門ヒルズ」や「グランフロント大阪」ほか大型複合商業施設をはじめ、工場、病院、公共施設、教育施設など、中部地区だけでなく全国で数多くの施工実績を誇ります。
最近注目されている省エネ・環境分野においても、太陽光発電設備やMEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)などのソリューションのほか、配電設備の保安のために伐採した樹木をバイオマス発電燃料として有効活用するなど、幅広く積極的に取り組まれており、生活や産業に欠かせないインフラ整備・構築事業を通じて、快適な環境づくりをサポートし社会に貢献されています。


トーエネック様では、固定資産・リース資産・車両といった、資産ごとに分散していたシステムの統合を実現されました。そのエンジンとして「Biz∫会計」の資産管理モジュールを単体でご採用いただいております。新システムは2014年4月より順調に稼働しており、保守性向上、業務効率化に大いに役立っています。
導入に至るまでの経緯と稼働状況について、情報システム部システムグループ 服部システムグループ長様、須田担当課長様、三重支店 総務部 青木業務グループ長様に伺いました。

※所属部署名はインタビュー時(2015年8月)の名称となります。

導入前の課題
期待される導入効果
  • システム基盤の老朽化、保守契約切れ
  • システム毎の保守要員の確保
  • カスタマイズが多くバージョンアップや法改正が困難
  • システム基盤の最新化
  • システム統合による保守要員やハードウェア・ソフトウェアの費用削減
  • ノンカスタマイズ導入による法対応・バージョンアップの容易化

導入背景

――システムの再構築に至った経緯をお聞かせください。

株式会社トーエネック 服部 正宏 様
株式会社トーエネック
情報システム部 システムグループ長
服部 正宏 様

服部: これまで資産管理系の業務システムは、「資産管理システム」、「リース機器管理システム」、「車両管理システム」の3システムが存在していました。「資産管理システム」については、NTTデータ社のパッケージ「SCAW」を約9年間利用してきたのですが、保守契約の期限が近づいていたこと、当時利用していたバージョンではIFRS(国際財務報告基準)や税制改正への対応ができないことが問題視されていました。
また、業務要件に合わせカスタマイズを行ったためバージョンアップが困難となり、今後の制度改正やユーザの要望に迅速に応えられないことも背景にありました。
さらに、自社で開発していた「リース機器管理システム」並びに「車両管理システム」は運用開始後15年以上が経過し、システム環境の老朽化により継続運用に限界がきていたことから、再構築の検討がスタートしました。



――新しいシステムでどのようなことを実現したかったのでしょうか。

服部: 先に述べた3システムを統合し共通の最新インフラ環境で運用することで、「モノの管理の一元化」を目指しました。
また業務面では、現状の業務プロセスを精査し再設計を行うことにより、予算申請から資産の購入・契約・登録や運用管理までの一連の業務の迅速化かつ効率化を実現したいと考えました。

――再構築にあたっての開発方針を教えてください。

須田: 資産管理システム「SCAW」では、大幅なカスタマイズによりバージョンアップが容易に出来なくなっていました。その反省点を踏まえ、業務をパッケージ標準に合わせることを原則とし、パッケージのカスタマイズは必要最小限に抑えることを目標にしました。
また、予算申請や資産管理の手続き、画面・帳票デザインといった当社固有の要件は、当社のフレームワークを利用してスクラッチ開発を行うことで吸収し、パッケージと疎結合で実装するという方針を立てました。

――「パッケージはノンカスタマイズ」を重視したのですね。

選定の理由

――パッケージやベンダーの選定にあたって、どのような点を重視されましたか。

株式会社トーエネック 須田 健嗣 様
株式会社トーエネック
情報システム部 システムグループ
担当課長 須田 健嗣 様

須田: NTTデータ東海ほかベンダー数社に提案依頼を実施しました。提案依頼の範囲としては、パッケージ導入以外に当社フレームワーク上でのスクラッチ開発も含めていました。
パッケージ部分に関しては、複数の製品を比較検討したのですが、業務の適合性、価格などの複数の項目で一番評価が高かったのが、NTTデータ東海から提案いただいた「Biz∫」でした。

――資産管理業務パッケージを「Biz∫」に決めた理由は?

須田: 当社フレームワークとの疎結合に対応できる柔軟な構造、業務要件に対する適合率が高くノンカスタマイズで資産管理システムのエンジンに活用できる、「SCAW」の業務機能が踏襲されているといった点を高く評価しました。 当社フレームワークを活用しつつ今後の制度対応に追従していける「Biz∫」は、資産管理システム統合のエンジンとして非常に魅力的でした。

――NTTデータ東海をベンダーに選んだ理由をお聞かせください。

服部: NTTデータ東海は、固定資産システム「SCAW」の導入及び保守運用に携わっていただきましたので、当社の固定資産管理の業務要件やシステム要件に精通しており、旧パッケージと同一ベンダーが開発すること、データ移行作業が軽減できることが大きかったですね。また「SCAW」の保守担当者が開発に参画するご提案をいただいたことも、安心してお任せした理由です。
当社フレームワークを用いたスクラッチ開発をNTTデータ東海に依頼するのは初めてでしたが、技術力が高く、体制面含めプロジェクトを上手くサポートしてくれました。

システム導入プロジェクトの概要

――開発のスケジュールや体制について教えてください。

服部: 情報システム部がプロジェクトの取り纏め役となり、2012年秋にプロジェクトをキックオフし、約14ヶ月間の開発期間を経て、2014年4月に本稼働しました。
今回のプロジェクトの特徴は、関連する部門が多岐に渡っていたことです。当社では、コンピュータ機器に関わる資産の管理は情報システム部、コンピュータ機器以外の資産は総務部、経理業務に関わる管理については経理部といったように、業務主管部署が異なっているため、各業務主管部署の代表者を参集し、ディスカッションしました。

――各部門との調整などご苦労されたことも多かったのではないでしょうか。

服部: 「モノの管理の一元化」というコンセプトの元、プロジェクトがスタートしましたが、管理する会社資産が多岐にわたり、購入の手続きや管理の手法がそれぞれ異なっていたため、業務要件の統一がなかなか上手くいきませんでした。
結果、インフラ部分の統合は実現できましたが、業務プロセスの完全統合には至らず、一部課題が残りました。

青木: 当社は、全国に70~80ヵ所の拠点があり、業務の精査や見直し作業が大変でした。拠点で独自のやり方で処理されている業務もあったため、今回の再構築の目的や意義を説明し、協力を得ながら進めました。

須田: フレームワーク上での開発部分とパッケージとのデータ連携にあたって、カスタマイズやアドオンを最小限に抑えるためのシステム間の連携仕様の取り纏めに苦労しました。
「Biz∫」は既存のシステムとの連携がスムーズで、旧パッケージからの移行ツールも用意されていましたので、予定通り完成することができました。

――現在の稼働状況は如何ですか。

服部: 稼働から1年が経過しましたが安定稼働しています。稼働直後は、新システムへの切り替えによる初期不良は発生したものの、月次処理の遅延などの大きなトラブルはなく正常に稼働しています。
運用開始から1年が経過した2015年の4~6月には、現場からの要望を元にシステムフォローアップ改修を実施し、対応が完了したところです。

導入効果

――新システム稼働後の導入効果は如何ですか

服部: システム基盤を統一したことで、従来は社内の保守要員を3名割り当てていたのが、1人で対応できるようになりました。
ハードウェアやソフトウェアの費用も削減できました。また、本社でデータを一元管理できるため、全国70~80拠点毎のプログラムやデータベースなどの管理作業の手間が大幅に省けました。
さらに、当社のフレームワークを利用して開発を行ったことで、現場からの要望に即座に対応することが可能となりました。

――ユーザー部門からの評価はいかがですか。

株式会社トーエネック 青木 朋和 様
株式会社トーエネック
三重支店 総務部 業務グループ長
青木 朋和 様

青木: 以前に比べ、利便性が明らかに向上しています。 旧システムは、3つのシステム毎に起動しログインする必要がありましたが、現在は統合されているため使い易く、これまで部門担当者が手作業で修正処理していたデータの整合性が向上し、業務時間の削減につながっています。

また、レスポンスが早く処理速度が上がったと好評です。当社の資産総数は65,000件を超えているため、旧システムではデータ処理に時間がかかるといった問題もありましたが、「Biz∫」では全く発生していません。

旧システムではカスタマイズにより本来の性能が発揮できなかったのが、「Biz∫」では標準機能で対応し、カスタマイズやアドオンを最小限に抑えているので、圧倒的な性能向上につながったのではないでしょうか。

今後の取組み

――課題や今後の取組みについてお聞かせください。

須田: 3システムのインフラ統合に関しては、当初の目標を達成しました。
これからの課題は、さらなる業務効率化やコスト削減です。資産管理手順の見直しをはじめとした業務改革を行っていく必要があります。

株式会社トーエネックの皆様
株式会社トーエネックの皆様

青木: 業務効率化策の1つは、電子申告です。現在各拠点で行っている処理を本社で一括処理できれば大幅な業務効率化につながります。「Biz∫」資産管理業務システムの電子申告対応をお願いしたいですね。

服部: IT化が進み、今まで手作業だった計算や処理が機械化され、業務の実際の処理の仕組みを理解している現場担当者がだんだん少なくなってきたと感じています。 これからの情報システム部の役割は、技術知識が豊富なだけでなく、業務とシステムとの間の橋渡し役も担う、そのような時代に備えて部員一人ひとりがスキルを磨いていかなければという思いを強くしています。

――情報システム部に求められる責任や期待もこれから益々高まってきそうですね。
貴重なお話をありがとうございました。

導入パートナーからの一言

NTTデータ東海 金山 進治
株式会社NTTデータ東海
第三事業部
金山 進治 様

本プロジェクトの成功の要因は大きく二つあると考えております。

一つは、お客様のシステム開発スキルが非常に高いということです。弊社は基本設計から参画させていただきましたが、既にお客様が業務要件を整理され、纏められておりました。それを基に基本設計書へ落とし込むことで、お客様要件を漏れなくシステムへ反映させることができました。また、お客様独自のフレームワークを基盤として開発するという前提の中、実現方法についてお客様にアドバイスをいただきながら作り上げることができました。

もう一つは、良好な人間関係が築けたということです。開発期間は14ヶ月でしたが、製造工程を除き、ほとんどの期間をお客様先で常駐させていただきました。常にコミュニケーションを取りながら、情報システム部門や業務部門の方と一緒になって システム構築ができたことが非常に大きな成功要素であったと感じております。 パッケージでは引き続き保守を担当させて頂いております。末永くご使用頂けるよう弊社一丸となってサポートさせていただきます。

お客様情報

法人名 株式会社トーエネック
代表者 代表取締役社長 久米 雄二
創立 1944年10月1日
資本金 7,680百万円 (2015年3月31日現在)
住所 愛知県名古屋市中区栄一丁目20番31号
売上高 1,907億円(2014年度)
従業員数 4,772名(2015年3月31日現在)
事業所 本社、全国支店営業所
事業内容 電力供給設備、総合建築設備(電気・情報通信・空調衛生)の企画・設計・積算・施工・保守・リニューアル

※本事例に記載の情報は、2015年8月時点のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。


お問い合わせ・資料請求アイコン1
お問い合わせ・資料請求アイコン2
お問い合わせ・資料請求アイコン3
お問い合わせ・資料請求アイコン4


ページトップへ戻る

Copyright NTT DATA & NTT DATA BIZINTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.