お電話でのお問い合わせ 03-6234-1662 受付時間(平日)9:30-18:00
メールでのお問い合わせ

NTTデータ ビズインテグラル、IFRS対応新ソリューション「連結クラウド™」を発表

Press Release

報道関係各位

2010月9月3日
株式会社NTTデータビズインテグラル

NTTデータ ビズインテグラル
IFRS対応新ソリューション「連結クラウド™」を発表
-IFRSへの早期対応とグループ経営の見える化を実現-

株式会社NTTデータ ビズインテグラル(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下、NTTデータ ビズインテグラル)は、クラウドの利用によりIFRS(国際財務報告基準)対応を早期に実現できる連結会計ソリューション「連結クラウド™」を発表します。

日本会計基準のIFRS適用は、2015年を目途とした全面適用に向けてより具体的な議論が繰り広げられています。IFRS適用が必要な企業は、社内の業務フロー、会計システムの変更等、日常業務に大きな影響を受けるため、その対応は重要な経営判断となります。加えて、IFRS対応の目的のひとつとして、包括利益(企業価値)の向上が求められるため、グループ連結の強化とグループ各社の経営情報を把握する仕組みの構築が重要な課題となります。しかしながら、IFRS対応による子会社とみなす範囲の拡大、デフレ不況によるIT投資の削減、IFRS用体制の不足、時間的な制約等が、各グループ企業のIFRS対応への大きな障害であることは明白です。

このような情勢の中、NTTデータ ビズインテグラルは、IFRS対応した連結会計が必要となる企業グループを対象に、早期かつ安価で強力な連結システムを提供するIFRS対応新ソリューション「連結クラウド™」を発表します。

今回の「連結クラウド™」は株式会社ディーバ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:森川 徹治、以下、ディーバ)との業務提携により提供された、連結パッケージ「DivaSystem 9」、新製品である「DivaSystem GEXSUS」をNTTデータ ビズインテグラルがOEM化し「Biz∫会計※1」と連動させ、株式会社NTTデータのクラウドサービスである「BizXaaS®プラットフォームサービス」を利用することにより実現します。

「連結クラウド™」は、グループ各社における個別会計を行う「Biz∫会計」、企業グループの総勘定元帳を統合化する「Biz∫G元帳※2」、グループ全体の連結会計を行う「Biz∫連結※3」、システムを稼働させるクラウド基盤「BizXaaS®プラットフォームサービス」、および専門家によるIFRS財務諸表組替サービスから構成され、以下のようなメリットを提供します。

  • ①連結会計に必要なパッケージの提供 (図1)
    ■ 「連結クラウド™」は、連結会計を実現するために必要な以下のパッケージをクラウドで提供します。
    1. Biz∫会計 : IFRS対応した完全マルチテナント型の会計パッケージです。
    2. Biz∫G元帳 : 各グループ企業の総勘定元帳を一元管理します。科目や品目等、グループ企業ごとに異なるコードも変換しコード体系の統一も実現します。
    3. Biz∫連結 : グループの連結会計処理のためのパッケージです。グループ全体の四半期開示や早期決算等を支援します。
  • ②各企業のIFRS対応状況に合わせた利用形態を提供 (図1)
    ■ 「連結クラウド™」は、各グループ企業のIFRS対応状況により、各社に合わせた利用形態を提供します。
    1. IFRS対応し自社でシステムを所有する企業 : 「Biz∫G元帳」へ情報連携し「連結クラウド™」を利用。
    2. IFRS対応するが自社でシステムを所有しない企業 : 「Biz∫会計」を利用し「連結クラウド™」を利用。
    3. IFRS対応せず、従来のシステムを利用する企業 : 従来のパッケージから「Biz∫会計」へ情報を連携し、その情報を「IFRS組替サービス会社」を通し「連結クラウド™」を利用。
  • ③「Biz∫G元帳」によるグループ経営の見える化の実現 (図2)
    ■ 企業グループの総勘定元帳を統合化する「Biz∫G元帳」の利用により、グループ企業の会計情報を仕訳レベルで統合します。これにより、企業グループ全体の経営の見える化を実現します。
    1. 仕訳単位での連結会計情報の生成により、グループ経営活動の見える化を行います。
    2. コードの一元化によるグループ会計情報の標準化と統合的グループ経営を実現します。
    3. 連結会計情報と販売情報などの統合による戦略的意思決定と企業グループ経営品質を向上させます。
  • ④クラウドサービスによる提供
    ■ 「連結クラウド™」は、株式会社NTTデータが提供するクラウド基盤「BizXaaS®プラットフォームサービス」上に構築、提供され、初期コスト、導入期間、運用コストの削減に寄与します。

また、今後はディーバへBiz∫会計を含めたBiz∫製品の提供を行い、既存顧客へのIFRS対応案件の開拓を行います。これに加え、他の会計パッケージの連携も推進します。

「連結クラウド™」は、NTTデータ ビズインテグラルより2011年度第1四半期(4月~)より提供開始する予定であり、パートナーを通じて2015年までに3,000社の導入を目指します。

  • 1「Biz∫会計」はNTTデータ ビズインテグラルから2010年10月にリリース予定です。
  • 2,3「Biz∫G元帳」「Biz∫連結」はそれぞれ株式会社ディーバの製品「DivaSystem GEXSUS」「DivaSystem 9」のOEM製品です。

【BizXaaSプラットフォームサービスについて】

BizXaaSプラットフォームサービスは、NTTデータが提供する企業や自治体等エンタープライズ向けのパブリック(共同利用型)クラウドサービスです。ビジネスで必要とされる各種業務アプリケーション(SaaS)、アプリケーションを柔軟に構築・カスタマイズして提供できるプラットフォーム(PaaS)、高い信頼性とセキュリティのインフラサービス(IaaS)をワンストップで提供し、スピーディかつ低コストで高品質なクラウド・コンピューティングを実現します。


【株式会社 ディーバからのエンドースメント】

ディーバはかねてより企業グループの連結会計業務を中心にしてお客様の企業価値向上に貢献してきました。今回の「連結クラウド™」の発表は、企業グループのIFRS対応、経営品質の向上に有効であると確信しています。ディーバは今後もNTTデータ ビズインテグラルとのパートナーシップのもと「連結クラウド™」のサービス展開を積極的に支援していきます。

株式会社 ディーバ
代表取締役社長 森川 徹治 様


<参考資料>

(図1) 「連結クラウド™」の各要素と提供イメージ

(図2) 「Biz∫G元帳」の概要イメージ


株式会社NTTデータ ビズインテグラル

株式会社NTTデータ ビズインテグラルは、SOA、BPM、SaaS/クラウドコンピューティングをキーワードとした、次世代ERPパッケージ「Biz∫」シリーズのアプリケーション開発と販売のため、株式会社NTTデータが中心となり2009年5月に設立した会社です。自社開発のアプリケーションのみならず国内外の有力なソフトウエアベンダーと連携し、「Best of Breed(その分野で一番優れているもの)」なアプリケーション群と、導入コンサルティング、システム構築、活用に至るまでのトータルソリューションを全国のパートナー会社と共に提供します。

代表者 代表取締役社長 中山 義人
設立年月 2009年5月
資本金 4億5,000万円
会社所在地 東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング5階
注) 「Biz∫R」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
注) 「BizXaaS®」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
注) その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ・資料請求アイコン1
お問い合わせ・資料請求アイコン2
お問い合わせ・資料請求アイコン3
お問い合わせ・資料請求アイコン4


ページトップへ戻る

Copyright NTT DATA & NTT DATA BIZINTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.